不登校について

 1,不登校とは
 文部科学省の定義によれば、「心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により年間30日以上欠席した者のうち、 登校しない、あるいはしたくともできない状況にある者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」だという。

 2,現状(平成13年度)
 小学生 2万6,511人(275人に1人、0,36%)
 中学生 11万2,211人(36人に1人、2,81%)
 合計   13万8,722人、 1,2%

 全公立小・中学校中、平成3年に39,3%だったのが、平成13年には57,6%と増加しており、半数以上の学校に不登校生徒が在籍していることになっている。

 小学6年〜中学1年と中学1年〜2年に最も大きく増加していることが分かる。
 私自身のスクールカウンセラーとしての経験では、夏休み明けの新学期に多発する印象がある。

 3,不登校になったきっかけ
 「学校生活に起因」  36,2%
 「家庭生活に起因」  19,1%
 「本人の問題に起因」 35,0%
   その中でも、
   「本人の問題に起因」 28,6%
   「友人関係をめぐる問題」 19,7%
   「親子関係の問題に起因」が9,7%

    そのうち、 中学生の場合は、
    「学校生活に起因」の割合が最も高く、
    「本人の問題」がそれに続いている。

 4,不登校の関連で指摘される諸問題
 学習障害(LD)や注意欠陥/多動性障害(ADHD)等のため人間関係がうまくもてず、学習のつまづきのために不登校へ至るケースがある。
 また、保護者による虐待の問題は、近年深刻の度合いを増している。

 5,高校中退者・留年者
 朝日新聞(2002年12月25日・朝刊)によると、公立校・私立校を合わせて計10万4、894人で、在籍者に占める割合(中退率)は、2,6%にのぼっており、中退者全体の52,9% が1年生であった。留年者数は計2万5、627人で、在籍者の0,6%であった。

 6,自殺者
 同じく同紙によると、公立の小、中、高校で134人(前年度より13人減)が自殺。原因がハッキリしないものが多いが、 統計上は父母による叱責や家庭不和、精神障害が目立つ。